味噌の仕込み材料

一家族が3ヶ月~4ヶ月利用するおミソのレシピです。

手作り味噌の材料 大豆 1kg
400g(30gを最後の仕上げに取っておきます)
麹(こうじ) 1kg
焼酎 少々(アルコール分 25度)
煮炊き用鍋 圧力鍋(普通の鍋でもOK)

1年分のおミソを作るには、だいぶ大きな器を用意しなくてはなりませんし、作業も用意ではありません。
持ち運びや、ねかせている期間の管理も大変ですから、このくらいの量を何回かに分けて作れば、作業も管理も楽になります。
 
我が家では、3回に分けて1年分の味噌を仕込んでいます。

塩切り&漬け込み(仕込み前日)

麹(こうじ)1kgと塩370gを、手でもむようにして混ぜ合わせ、塩切りをします。
塩切りした後は、翌日の作業前まで冷蔵庫に保存します。

塩かけ 混ぜ合わせ

麹と塩

大豆を洗った後は、約2.5倍(この場合は2.5リットル程度)の水に翌日まで漬けておきます。
水を含んだ大豆は膨れあがりますから、大きめの容器を用意しておくとよいでしょう。

水に漬ける

ワンポイント

材料を購入して、翌日に作れない場合は、塩切りこうじ(麹と塩を混ぜ合わせたもの)は、常温でも2週間程度は保存可能ですが、涼しいところに保管することが大切です。

前日の準備が完了したら、いよいよ味噌造りの実践編です。
水に漬けた大豆を茹でることから始まります