サケのあら汁 味噌風味

秋は鮭(さけ=シャケ)が、故郷の川へ戻ってくるシーズンです。北海道では、なまの鮭(ナマジャケ)を使った料理がたくさんあります。代表的な郷土料理では「石狩鍋」がありますが、各家庭でそれぞれ違った味付けをして、秋の鮭料理を堪能するんです。
ここでは、我が家の鮭料理、「サケのあら汁 味噌風味」を紹介しますね。
もちろん味噌は我が家の自家製を利用します。ちなみに、鮭の"あら"というのは、簡単に言うと、頭、骨など、切り身以外の部分。普通は捨る部分ですが、生の鮭は、こうした残り部分でも捨てずに工夫すれば、全てが料理の材料になるんです。
レシピは、4人前~5人前の材料と作り方になります。ダシは不要ですよ~。

サケのあら汁 鮭のあら 1匹分
ジャガイモ 4、5個(絶対欠かせません(^_^;)
大根 1/3~1/4
長ネギ 1本
ゴボウ 1本
ニンジン 1本
椎茸 4個~5個
豆腐 半丁~一丁
こんにゃく 半分
油揚げ 適当に1,2枚
その他 白菜やシラタキなどお好みで

材料は、ざっとこんなものですが、お好みで白菜やしらたき、くずきりなど、他にもいろいろな野菜を加えても大丈夫です。家庭料理ですから、何でもあり(^_^;。鮭は”あら”の他に切り身を入れてももちろんOKですし、味は塩味でもおいしくいただけます。

材料煮込み 味付けのタイミング

材料を刻んでお鍋に入れます。お水は鍋に八分目量。中火で煮立て、材料がしっとりしたら”サケのあら”を入れます。汁の温度が少し下がりますから、もう一度煮立つまで、そのまま中火で待ちます。サケが煮えたら、次は味付けです。

ミソで味付け 隠し味に醤油を少々

ミソの量はオタマに二杯程度です。我が家では、隠し味に昆布醤油を少々使います。
絶妙のコンビネーションですよー。お好みでショウガを加えると、更に美味しくなります。
お子様がいてショウガが苦手な場合は、ショウガをこのタイミングで入れずに、盛りつけの時にお好みで入れてくださいね。

豆腐を入れる 長ネギを入れます

味付のあとは、仕上げの素材を入れます。まずは豆腐。この時、火は消してもかまいません。豆腐の大きさは、お好みで小さくしても、大きくぶつ切りにしてもOKですよ。
豆腐を入れたら、長ネギを入れて完了!できあがりーー。

盛りつけでーす 盛りつけお椀をオシャレに

あとは盛りつけです。具だくさんの”あら汁”を、まんべんなくよそいます。
ちょっとおしゃれな器を使うと、まるで小料理屋さん風に ^^v。

酒は芋焼酎で!

お酒を毎日飲むご家庭では、一品料理が愛情の証(!?)
こんな風に盛りつけしてあげると、チョーご機嫌(笑)。
ただし、あまり図に乗って飲み過ぎたら、一喝してくださいね~。